トップ > サービス一覧 > ヘルシーライフセンター > 痛み

痛み

あなたに合った電子エネルギーは、こちらです。

 

h-energy-ultrashort-btn

h-energy-microwave-btn

 

h-energy-ultrashort-title

細胞を温めて体の機能を高め、病気や症状の改善をする治療法を温熱療法といいます。
ホットパックやカイロなどはそれ自体が熱を持ち、皮膚を通して徐々に内部に伝わっていき、これを「伝導加温」といいます。
超短波とは、一秒間に2700万回もプラスとマイナスの極性が入れ替わる、電波を利用した治療法です。
細胞はプラスとマイナスの電気を持っているため、超短波によって細胞分子が回転し、摩擦を起こし発熱します。
その結果、超短波導子は温かくないのに、体の奥深くから心地よい温感が伝わってきます。これを「立体加温」といいます。
ホットパックやアンカなどをあてると、体の表面しか温まりませんが、超短波は体内深部まで温めることができます。

超短波の立体加温による温めは、血液循環の改善に効果があり、血液の循環が改善されると、痛みの元となっている発痛物質が患部から取り除かれ、痛み(神経痛・筋肉痛)が緩解します。
また、血液循環が改善され、血液の流れが良くなることで、疲労物質が代謝され、筋肉のコリを緩解します。
そのほかにも胃腸が活発になる、疲労回復といった効果があります。

h-energy-ultrashort-image1h-energy-ultrashort-image2

 

 

h-energy-ultrashort-kouka
  • ●神経痛、筋肉痛の痛みの緩解
  • ●血行をよくする
  • ●胃腸の働きを活発にする
  • ●疲労回復
  • ●筋肉のコリをほぐす
  • ●筋肉の疲れをとる

 

h-energy-microwave-title
マイクロ波は、超短波と似た作用ですが、超短波より100倍くらい周波数が高く(2450MHz)なっています。
波長が短く、体表に近い部分の加温に適しており、膝や肘の治療によく使われます。
病院で使われている治療器を家庭用にコンパクトに使いやすく工夫したものです。
h-energy-microwave-image

 

h-energy-microwave-kouka
  • ●神経痛、筋肉痛の痛みの緩解
  • ●血行をよくする
  • ●胃腸の働きを活発にする
  • ●疲労回復
  • ●筋肉のコリをほぐす
  • ●筋肉の疲れをとる